出来てしまったシミを消すために何をすべきか

出来てしまったシミを消すために何をすべきかあなたは知ってますか?

シミができるのは肌のターンオーバーのサイクルが乱れているからです。健康な状態だと肌は28日周期で新しい細胞に生まれ変わりますが、このサイクルが乱れてくるといつまでたっても古い角質層が残ったままになります。これがシミとなって肌に現れるのです。

老化を防ぐ美の成分

ターンオーバーがうまくいかなくなる原因としては加齢や紫外線、ストレスやホルモンバランスの乱れなどがあります。
シミを予防すると共に、出来てしまったシミを消すためには肌のターンオーバーを正常化する必要があります。
そのために大切なことの1つが紫外線対策です。光老化という言葉もあるほど紫外線が肌に与えるダメージは強く、肌細胞を傷つけて新しい細胞に生まれ変わるのを阻害します。紫外線は肌を老化させるだけではなく、紫外線にあたるとシミの元となるメラニン色素を肌が作りだすので注意が必要です。
ほとんどの人が紫外線予防に日焼け止めを塗っていますが、塗り方が悪い人は紫外線を防げていません。日焼け止めを塗る際には指で伸ばすようにして塗る人が多いのですが、指で肌に押し込むように塗らないと塗りムラができてしまい日焼けします。

伸ばして塗る人は日焼け止めを少ししか使わない傾向がありますが、顔全体に対して500円玉くらいの大きさの量が必要となります。また日焼け止めを塗ってもすぐには効果を発揮しないので、日に当たる15分くらい前には塗っておくようにしましょう。
紫外線対策の他に、肌の老化や肌細胞が傷つくのを防ぐ抗酸化作用のある食材を多く摂るようにすることもターンオーバーを正常化するのに効果があります。

実は妊娠したら体臭がきつくなりやすい

抗酸化作用のある栄養素として良く知られているのがファイトケミカルやビタミン類、ミネラル類などですが、特に最近注目されているのが色の濃い野菜や果物などに多く含まれるファイトケミカルです。ファイトケミカルは皮の部分に特に多く含まれているため、皮ごと食べることが大切です。同じ重さのトマトとミニトマトだったら、ミニトマトの方が皮の部分が多いためファイトケミカルを沢山摂ることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ