赤ちゃんの便秘解消すると言っても一体何をどうしたらよいのか

産まれて間もない赤ちゃんは、オムツを交換する度にウンチをしているのではないかと思うくらいの頻度でウンチをしています。しかし、どんどん大きくなってくるにつれて、そのまま毎日何回もウンチが出る赤ちゃん、二日、三日、更には一週間と便秘気味になる赤ちゃんが出てきます。

赤ちゃんの便秘解消すると言っても一体何をどうしたらよいのか?薬はあまり使いたくないと思うママもたくさんいると思います。今回はそんなママの為にも、簡単に実践できる赤ちゃんの便秘解消法をご紹介したいと思います。

ママが出来る便秘解消法

①自転車こぎ運動
この運動は、赤ちゃんを仰向けに寝かせ、足を軽く持ちます。そして自転車をこいでいるかのように1.2.1.2と足を動かします。この運動を5分くらいで一日数回行う事で、便秘解消を促します。

②のの字マッサージ

大人の便秘解消にも効果がある”のの字”マッサージです。これもまた赤ちゃんを仰向けに寝かせて、おへその周りをののじをかくように軽く押します。お風呂上りの体が温まった時に行うと、より効果が高くなります。

③綿棒浣腸

その名の通り、綿棒を赤ちゃんの肛門に入れ、チョンチョンと刺激します。綿棒は通常のが使用できます。綿の部分を軽く揉み解し、オリーブオイルやベビーオイルで浸します。赤ちゃんの肛門に綿棒の綿の部分のみをゆっくりと入れ、グルグルと軽くマッサージしてあげます。
この綿棒浣腸は即効性があり、急にウンチが出てきてしまう赤ちゃんも多いので、新聞紙やオムツを下にひいておくほうが安心です。この綿棒浣腸は癖になるのではないかと言われていますが、毎日毎日何回もしなければ癖になる心配はありませんので、心配ご無用です。

それでも便秘が治らなければ?

体操やマッサージをしてもウンチが出ないときには病院へ行き、お薬をもらう必要があります。ただ、一日二日、ウンチが出ない状態でも赤ちゃんの機嫌が良ければそこまで緊急性はなく、様子見でも大丈夫です。

では、一体いつ病院へかかるの?

離乳食が始まっていない赤ちゃんは、ウンチが出なくて苦しそうにしていなければ、一週間ウンチが出ていなくでもそこまで心配ありません。なぜなら、ミルクや母乳はほとんどが水分で出来ているため、お腹に固形物がそこまで蓄積されていないからです。しかしお腹がパンパンに張っているとなると、他の病気の可能性もあるため、念のためにかかりつけ医に相談したほうが安心できますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ